iPhone修理屋のブログ SHELVES通信

【岐阜県 多治見店】iPhoneのバックアップ方法!!
2016年2月6日

みなさんこんにちは(*^_^*)

SHELVES多治見店です!!

いよいよバレンタインまで、

あと一週間程になりましたねヽ(^。^)ノ

なんだかドキドキしてきました!(^^)!

私はお菓子作りが大好きなので、

今年は特に張り切っちゃおうと

思ってます!!!)^o^(

ちょっとだけ女子力高めに、

4種類のお菓子を作ろうかな~♪♪

と考え中です(*^_^*)

この考えてる時間が、ちょっとワクワク

しちゃうんですよね( ^^) _U~~

みなさまにとって、素敵なバレンタインに

なりますように・・・(^_^)v

 

さて今日は、iPhoneのバックアップの

方法について書きたいと思います(^^)

 

みなさんは、バックアップと聞くと

少し面倒くさいイメージがあるかも

しれません!!

しかし、急にiPhoneが壊れてしまったり、

紛失したりデータを間違って消してしまった・・・

など、なにが起こるかわかりません(..)

そんなとき、バックアップしておけば良かった…

と後悔したことが私はあります。

思い出の写真がすべて消えてしまったり

そんな悲しい事はありません!!

 

でも、バックアップをとっておけば安心!(^^)!

簡単にデータを復元できます!!

また、iOSのアップデートの前にも

必ずiPhoneにあるデータのバックアップを

とりましょう。

もし何らかの不具合でアップデート作業が

中断されてしまうと、データが破損する

恐れがあります。

破損したデータを復元させるには、

データのバックアップが必要なのです!!

 

バックアップは、パソコンを使って

「iTunes」で行う方法と、「iCloud」を

使ってiPhoneだけで行う

2つの方法があります!

iCloudはAppleによるストレージサービスで、

パソコンを持っていなくても

バックアップ作業が行えます!(^^)

 

・iCloudを使う

★設定方法

iCloudはAppleによるストレージサービスで、

5GBまでの容量を無料で利用できます!

データのバックアップのほかに、

写真や書類を共有したり

紛失したiPhoneの位置を調べたりできます。

 

iCloudをまだ設定していない人は、

「設定」の中にある「iCloud」を選択して

Apple IDを入力します。

 

サインインが完了したら、

「ストレージとバックアップ」をタップします。

その中にある「iCloudバックアップ」をオン

にすると、「iCloudバックアップ開始」という

ウィンドウが表示されるので、

「OK」をタップすると設定完了です。

 

すぐにバックアップをとるときは、

「今すぐバックアップを作成」をタップ。

バックアップ作業にかかる時間は、

データ容量と通信環境により異なります。

 

★自動バックアップ

以下の条件がそろっているとき、

iPhoneは自動でバックアップをとります。

 

・iCloudバックアップをオンにしている

・iPhoneに電源を接続している

・iPhoneがロック画面やスリープ中である

・Wi-Fiに接続している

 

Wi-Fiにつながっている状態で充電すれば、

いつでも最新データのバックアップが

自動で行われます!

 

・iCloudバックアップからの復元

 

バックアップのデータをiPhoneに反映させるには、

iPhoneが未設定の状態である必要が

あります。

機種変更直後の新しい端末だったり、

OSをアップデートしたときなどです。

その状態でiPhoneを起動すると、

初期設定画面になります。

そこで「iCloudバックアップから復元」を

選択し、バックアップをとったApple IDを

入力します!

その後、いつ時点のバックアップデートから

復元するかを聞いてくるので、

復元したい日付を選択すると、データの復元が

始まります。

(iCloudバックアップからの復元には、Wi-Fi

に接続している必要があります)

 

しばらくすると復元が完了してiPhoneが使える

状態になりますが、今度は今まで使っていた

アプリの再ダウンロードが始まります。

インストールしていたアプリの数が多いと、

それだけ時間がかかるので気長に!

待ちましょう(^_^;)

すべてのデータ復元が完了したら、

バックアップをとったときと同じ状態に

なります。

なお、設定済みのiPhoneをiCloudバックアップ

から復元するときは、一旦iPhone内のデータを

全て消す必要があります。

「設定」から「一般」を選び、「リセット」の中にある

「すべてのコンテツと設定を消去」

を選択します。

これでiPhone内のデータは消えます。

その後、前述と同じ方法でiCloudバックアップ

からデータを復元させてください!

 

※iCloudバックアップの注意点

 

・音楽や写真のバックアップ

iCloudバックアップでは、「App Store」「iTunes Store」

「iBooks Store」から購入していない音楽、画像、動画

などはバックアップの対象外となります。

たとえば、パソコンで取り込んだCDの音楽など。

こららのバックアップは、パソコンで直接管理

する必要があります。

 

・各アプリのパスワード

TwitterやFacebook、ゲームアプリなど

IDやパスワードを設定するアプリでは、

パスワードがバックアップ対象になっていない

場合があります。

各アプリのIDとパスワードは、別にメモを残しましょう!

なお、パソコンの「iTunes」で「バックアップを暗号化」

という方法でバックアップを行うと、

パスワードもバックアップ対象になります。

 

・バックアップ容量が5GBを超えるとき

まずは、バックアップの対象となるデータを

選別することで、バックアップ容量を

減らすことができます!

「設定」の「iCloud」にある「ストレージとバックアップ」

から「ストレージを管理」をタップします。

その後、バックアップをとる端末を選ぶと

「バックアップオプション」が表示されるので、

どのデータをバックアップするか細かく

設定できます!

 

それでもバックアップ容量が足りないときは、

有料で容量の追加が可能です。

「ストレージとバックアップ」内にある

「さらに容量を購入」をタップすると、

容量を20GB、200GB、500GB、1TBと

増やせます。

 

こんな感じで長くなってしまいましたが、

バックアップの方法を書いてみました!!(^^)

いつ何が起こるか分かりません(^_^;)

もしも・・・の時を考えて、

バックアップを取ることをオススメします!!

すぐに出来るので、みなさまも是非(*^^)v

 

iPhoneの事で何かありましたら、

電話でのご相談も行っております(^^)

お気軽にどうぞ(*^_^*)

みなさまのご来店を、心よりお待ちしています!!

 

それでは、楽しい週末をお過ごしくださいね(*^_^*)

SHELVES多治見店でした!!

INFORMATION

4.23
【岐阜県 多治見店】 5月8日・9日/15日・16日は連休をいただきます。
6.2
【岐阜県 多治見店】よくある故障について!!
5.16
【刈谷店】5/20は定休日です。何卒宜しくお願い致します。